一片の曇りもない世界。

心理、人文科学、テクノロジー、科学など、様々な分野について書いていきます。

ブログだからこその自由度

前回、私ブログ史上かつてないほどゆるフワァな記事になり申したけれども、

文章はゆるフワァな割に、チカチカして見づらい

というのも多分、文の上と下↑↓の間隔を限りなく セバスチャン 狭めたのと、

文字の大きさ太さを変えてなかったのが原因だと思われる。

 

ブログというのは本と違って、文字を自由に変えられるのが面白いところ。

であるから、その文字の自由度を活かして、存分に文字の大きさ太さ

などなどを変えて、より読者にわかりやすいように工夫するのが、ブログの醍醐味でh

はある。

だけれども、そもそも伝えるのは言葉であるのだから、大きさ太さ色を変えることな

く、

素のままの文字で読者に勝負を挑みたい(?)、とも思うところ。

まあその辺は書く人によりけり。

私は個人的には、前回の記事を見返して「ああこれは見づらいな」と直観的に思ったの

で、

存分に文字の大きさ太さ

そして画像やら動画やらを挿入して、読んでくれる皆様に私の伝えたいことを伝えたい

と思う。

 

ブログの自由度を存分に活用しよう。