一片の曇りもない世界。

心理、人文科学、テクノロジー、科学など、様々な分野について書いていきます。

MBTIという性格診断ツールが素晴らしすぎて性格診断マニアになった

私は自己分析をせずに、

自分という人間をあまり知る事なく生きていました。

 

 

しかし、自分はどういう人間かという事をあいまいにしたままでいると、

人生を左右する選択を迫られたときに、とてつもなく困ったことになるのです。(経験者談)

 

 

私の場合は、明らかに選択を誤ったと確信したときに初めて、

あぁ、自分をもっと知らなきゃな

と思いました。

 

 

 

自分についてもっと知っていれば、良い選択をしていたのだろう、と当時はモーレツに後悔していました。それはもうとてつもなく。

 

 

そしてその反動から、自分探しの旅ならぬ、自分の性格診断の旅が始まりました。

単に性格診断にハマってしまい、色々な性格診断をやり始めたというだけですね。

 

 

 

おかげ様で、素晴らしい性格診断をいくつも発見しました。

性格診断マニアと自称できる程、性格診断をやりつくした感があります。

 

 

 

とか言ってる間にも、新しい性格診断がどんどん出てきていますが。

今はネットで気軽に性格診断を作る事ができる時代ですからねえ。

性格診断マニアとしては嬉しい限りです。

 

 

で。

 

 

色々な性格診断をやってきた中でも、特に素晴らしいと思った、

というよりハマったものがたくさんあるのです。

今回はそれをご紹介したいと思います。

 

 

それは、MBTIという性格診断です。

MBTIとは

MBTI(Myers-Briggs Type Indicatorとは、心理学者のユングが作った「タイプ論」という性格分析を源流とした性格診断です。

人間の性格を16種類に分類して考えるというものです。

発祥地であるアメリカではMBTIは一般的で、アメリカの人にMBTIのタイプを尋ねればどういうタイプか返ってくるほど (らしいです)。

また世界的にも有名なようです。

 

私は子どもの頃、

性格は人それぞれで、型に当てはめるなんて出来るわけがない

と固く信じていましたが、今ではもうすっかり性格診断マニアですので、

その考えはどこかに行ってしまいました。

 

 

当てはまるんです。16種類のどれかに。自分の性格が。

 

 

それはもう見透かされたように

 

 

 

当てはまるんです。16種類のどれかに。自分の性格が。

 

診断してみよう

ある面から見た人の性格を、2つに分ける、

という作業を4回行います。ですので、

2 × 2 × 2 × 2 = 16通り の診断結果が出ることになります。

 

1.外向型ならE       内向型ならI

2.感覚型なら      直観型ならN

3.思考型なら      感情型ならF

4.決断型なら       柔軟型ならP

 

という風に、アルファベットで分類していきます。

 

超簡易的な診断を作ってみましたので、

まずは試しに、やっていきましょう。

 

1.どのように周囲と接していくか

社会や周囲の人とどう接していくでしょうか。

  • 他人と一緒にいると元気になる
  • 感情を顔に出してしまう
  • 聞き役より、話し役
  • グループ活動が好き

のような人は、いわゆる外向型のE

 

  • ひとりで過ごしていると元気になる
  • 感情は顔に出さない
  • 話し役より、聞き役
  • 一人で活動することが好き

のような人は、いわゆる内向型のI

 

2.どういう情報に注意を払うか

  • 具体的なものを大切にする
  • データを細かく把握する「木をみる」
  • 現在に注意を払う

のような人は、感覚型のS

 

  • ひらめきや抽象的なことを大切にする
  • 全体像を把握する「森をみる」
  • 将来のことを考える

のような人は、直感型のN

 

3.どのように反応するか

  • 批判的になりがち
  • 感情よりも論理的かどうか重視
  • 論理的で的確なアドバイスを行う

のような人は、思考型のT

 

  • 人をほめることばがすぐに出てくる
  • 論理的かどうかより感情を優先
  • 情緒的なアドバイスを行う

のような人は、情緒型のF

 

4.どのように決定するか

 

  • 決断すると、落ち着く
  • 目標を設定し、達成しようと努める
  • 何事もやり遂げると満たされる

のような人は、決断型のJ

 

  • 色々な可能性をのこしておきたい
  • 目標は、その時々によって変わる
  • 何事もやり始めるのが好き

 のような人は、柔軟型のP

 

 結果はどうでしたか?

というわけで、診断結果、出たと思います。

ISTJ, ISFJ, INFJ, INTJ

ISTP, ISFP, INFP, INTP

ESTP, ESFP, ENFP, ENTP

ESTJ, ESFJ, ENFJ, ENTJ

の16種類のどれかになったと思います。

それ以外になった?あなたはタイプを超えた何かになりました。おめでとうございます。

 

 

 

 

気になるタイプ別の性格は・・・

別サイトに丸投げします。いつか書きます!いつか!

 

性格タイプ | 16Personalities

↑MBTI性格診断もできる、日本語で閲覧可能なMBTIのサイトの中では一番有名なサイトです。

 

性格テスト - Personality-Tests.info

↑こちらは性格診断ができるサイト。

 

他にも素晴らしいMBTIの診断、解説サイトはたくさんあります。

が、今回はここまで。気になる方はMBTIやMBTI診断で検索すると、たくさん出てきますよ。

 

まぁ、どれかに当てはまる!と書いてきましたが、

2つの中間、例えば、

「内向的でもあるけれど、シチュエーションによっては、外向的でもある」

なんて人もたくさんいるわけです。他の質問もしかり。

基本的には両方の性質を持ち合わせているわけです。

 

 

そもそも、サイトによって質問も診断プロセスも違うので、結果が全く違った!とか良くありますし。

ですので、診断結果が出ても「あぁ、そうだな、自分って基本的にはこういう性格だな」という感じで受け止める感じでいいかと。

 

 

大切なのは、診断を通して、

「自分ってこういう時どうするかな?」

「自分はどういうやり方が好きなのかな?」

という事を考えたり、思い返したりすることです。

 

普段、無意識的にやってることをしっかりと認識することで、自然と自己理解が進んでいきます。

 

 

何より、自分を知るって結構楽しいです。

自分を知るとっかかりとして、このMBTI診断をやってみるのもいいかと。

診断で自分全てがわかっちゃった!という事ならば、それはそれで良いと思います。

なかなかそうは行きませんが!

 

そういえば、ネット上にあるMBTI診断の類はほぼすべて非公式です。あしからず。

公式なMBTI診断を受けたいという方は、日本MBTI協会からどうぞ。

 

 

ということで、皆さん、

MBTIをぜひ活用し、自分を理解する、そして他人を理解することに役立てて頂けたらと思います。

 

 

ではまた。