一片の曇りもない世界。

心理、人文科学、テクノロジー、科学など、様々な分野について書いていきます。

MBTI診断 - ENTJの筆頭はあのサッカー選手?

※2019-7-16 加筆・修正しました。

 

 

MBTIにハマってから、初めて会う人や、テレビを見るときなど、

「あ、この人ENTPだな」というように、

見る人見る人のMBTIのタイプを予想する、という思考回路ができてしまいますた。

 

 

元々、型に当てはめるという考えは好きではなかったものの、

見る人見る人をMBTIというツールで照らして考えると、

 

よくハマるんです。16種類の内のどれかに。

MBTIは本当に良くできています。

 

本当はその人だけの個性、性格というものがありますが、

MBTIを使うことで、どういう考え方が好きか、どういった意見を持っているかなど、

その人の大まかな像が見えてくるんですね。

これにより、一方的ではありますが、相手を理解する余裕が出来ます。

また、どういう対応を取ったほうが良いのかがわかるようになるわけです。

コミュニケーションのツールとして、MBTIは良いと思いますね。

 

というわけで、日ごろテレビを見て確定的に「あ、この人〇〇〇〇だな」

と思った人を、タイプ別に書いていきたいと思います。

私個人が感じた印象と考えに基づいて書いておりますので、軽く聞き流す程度にどうぞ。

 

今回はENTJの人について書いていきます。

ENTJの人の特徴

ENTJの人は少ないです。希少です。

Japan Personality Profile | 16Personalities

こちらのMBTIサイトによりますと、

日本人の約3%ほどしか存在しないということになっています。

 

あくまでも上記サイトにおいてはですが、まあ

ENTJという人の性質上、このくらいの方がバランス取れるのではないでしょうかね。

と言いますのもENTJという人は、

生まれながらのリーダーと言われるほどの強烈なリーダー意識を持っているからです。

そのような強烈なリーダー意識を持つ人がたくさんいたら、国が分裂し、滅びます。

 

 

さて、ENTJの人は

「世界とはこういうものらしい。では、この世界で自分はどれだけ高みに登ることができるか?」という事を考えて行動しているようです。

世界の仕組みと言いますか、大局的な動きのようなものを把握しているようです。

これはEN的な作用だと思われます。広く知る、ということに長けているのです。

そのうえで、決断力と強烈なリーダーシップを使って、ひたすら高みを目指しているようです。

こちらはTJ的な性格であります。

あとは、弁が立つ。聴衆を引き込むような、魅力的な話をしますね。

 

 

ENTJの特徴をいくつか挙げてみましたが、ではどの人がENTJなのか?

有名人の中から、

この人は間違いない!(ただし私個人の見解)という人を探してきました。

本田圭祐(サッカー選手)

ENTJの筆頭といっていいほどの人物である、本田圭佑氏。

言いたいことを言い、

また「自分が周りを引っ張っていく」という認識が強いため、

慎ましさが好まれる日本では、「身勝手な振舞いをしている!

と見えてしまうようです。

それもそのはず。日本で一番人口が多いのはISFPの人。

ENTJの人とは文字通り正反対であるので、世界観や意見、価値観が合わないのです。

ただ、この2つのタイプが力を合わすことが出来れば、強いです。

欠点を補い合いますので。

 

 

さて、では本田圭祐氏がいかにENTJらしいか、について見ていきましょう。

 

 

本田圭祐氏は幼稚園生の頃、周りの子の遊び場を自ら決めていたようです。

お前は砂場お前はジャングルジムな」 というように。

半端ないって。そんなんできひんやん普通。

どうやら「ほかのグループにとられないように『お前は砂場、お前はジャングルジムをキープしとけ』と指示を出していた」らしいです。まちがえました。

でも半端ないって。そんなんできひんやん普通。

 

newspicks.com

 

このように「組織を命令、統率、管理する」という強烈な意識を持つのは

外向的思考[Te]が強い人に見られる特徴です。つまりTJ型ということです。

 

 

また、サッカー以外にも、ビジネス界でかなり活動しているようです。

サッカーは次につなげるための布石、のような発言もしているよう。

どうも「成功のために」全てをやっているように見受けられます。できるだけ高みを目指すために。

この「成功」という意識が強いのはやはりTeが強い人,つまりTJ型の特徴であります。

本田圭祐のTJは揺るぎないのではないでしょうか。

 

そして、サッカー選手でありながら監督をやったり、

仮想通貨ビジネスに参入したり、

ウィルスミスと共同でベンチャーキャピタルを立ち上げたり、

ペプシCMで「じゃんけん」やったり、

色々なことをやっています。

攻め続けています。

守ってはいけない。攻め続けなければ。攻撃は最大の防御だ」とも言っています。

そして限りなく発想がグローバルです。世界を見ています。

本田圭佑のビジネス論「守ってはいけない、攻め続けなければ。攻撃は最大の防御だ」|モバイルマーケティング研究所|モジュールアップス

 

ということで、本田圭佑には内向的感覚[Si]的な発想がありません。

内向的感覚[Si]の特徴として、落ち着き、習慣、伝統を重視する、などがありますが、

本田圭祐はそのようなものは重要ではないとみているようです。

伝統よりも革新を重視し、落ち着いてる暇があったら攻めづつけるでしょう。

 

というわけで、Te優位のTJ型の中でもSiが強いESTJ,ISTJではなく、

INTJ,ENTJのどちらかと考えられます。

 

 

さて、では本田圭佑はE(外向的)かI(内向的)か?

これについてはIと答える方はいないでしょう。

100人が100人、E(外向的)だと答えるのではないでしょうか。

とにかく興味が広い、コミュニケーションも上手、というより積極的にコミュニケーションを取りに行く、攻め続ける、強烈なグローバル指向。

彼は常に外界の方を向いています

 

 

以上により、本田圭佑はENTJと判定しました。

 

 

他には、ソフトバンクの孫正義 氏や、今でしょ!の林修などもENTJかと思われます。

詳しくは今度書きます。

まとめ

ENTJについて、というより、ケイスケホンダについての記事になってしまいました。

まあでも彼ほどのENTJな人は中々いないので(政界、財界には特に多いですが)、

どんな人がENTJなのか?というのをわかっていただけたかと思います。

 

有名人を例に出して書いてみましたが、

確証は得られないですし、

タイプ判定をする人によって結果は変わってくると思います。

また、テレビやメディアに映っている有名人だけを見て、

その人のMBTIタイプを正確に判断するのは難しいです。

ペルソナ(仮面)をかぶっている可能性もありますので・・・。

 

 

といっても、楽しいと思うのでやります。

 

 

また、タイプ間の比較など、もっと変化球的な話題の方が、

面白いのではないかと思いましたので、次回はそういった記事を書きたいと思います。

例えば、ENTPとENTJの似ているところ、ENFPとESFPの違うところ

などを書いていこうと思います。

 

 

本田圭佑さん、

リスペクトしてますよ。

 

 

ではまた。