一片の曇りもない世界。

心理、人文科学、テクノロジー、科学など、様々な分野について書いていきます。

MBTI診断 - ENTJの筆頭はあのサッカー選手?

MBTIにハマってからというもの、初めて会う人や、テレビを見るときなど、

「あ、この人ENTPだな」のように、

その人のMBTI属性を予想する思考回路ができてしまいますた。

 

 

元々、型に当てはめるという考えは好きではなかったものの、

ある人をMBTIというツールで照らして考えると、

「あぁ、だからこの人はこういう考え方をするんだな」

というふうに、理解が速くなります。

 

 

本当は、その人だけの個性、性格というものがありますが、

MBTIを使うことで、その人の大まかな属性というものが見えてくるんですね。

これにより、一方的ではありますが、相手を受容し、また、どういう対応を取ったほうが良いのかがわかるようになるわけです。(何

 

 

コミュニケーションの戦略的ツールとしてもMBTIは良いと思います。

 

 

まぁというわけで、日ごろテレビを見て「あ、この人〇〇〇〇だな」と思った人を、タイプ別に書いていきたいと思います。

私個人が感じた印象と考えに基づいて書いていますので、軽く聞き流す程度にどうぞ。

 

 

今回はENTJの人について書いていきたいと思います。

 

 

 

ENTJとは

ENTJな人は、物凄く少ないです。

Japan Personality Profile | 16Personalities

こちらのMBTIサイトによりますと、日本人のうちの約3%ほどしか存在しないということになっています。

 

あくまでも上記サイトにおいては、ですが、まぁENTJという人の性質上、このくらいかと思われます。

どういうことかと言いますと、強烈な個性を持っているからです。

それも、生まれながらのリーダーと言われるほどの、強烈なリーダーシップを持つ人なのです。

そんなリーダーシップを持つ人がたくさんいても、困りますよね。

 

 

少々運命論的な話になりましたが、ある性格とその人口というのは、割とバランスが取れているものだと思います。これは私個人の意見。

 

 

 

 

 

ENTJの人は「世界とはこういうものらしい。では、この世界で自分はどれだけ高みに登ることができるか?」という事を考えて行動しているようです。

世界の仕組みと言いますか、大局的な動きのようなものを把握しているようです。

そのうえで、決断力と強烈なリーダーシップを使って、ひたすら高みを目指しているようです。

 

 

あとは、弁が立つ。聴衆を引き込むような、魅力的な話をしますね。

 

 

 

 

さて、ENTJの特徴を色々挙げてみましたが、ではどういう人がENTJなのか?

有名人の中から、この人は間違いない!(ただし私個人の見解)という人を探してきました。

 

 

本田圭祐

ENTJの筆頭といっていいほどの人物。ケイスケホンダ。

言いたいことを言い、また「自分が周りを引っ張っていく」という認識が強いため、どうしてもリーダー的な振舞いをしていると、周りからは見えてしまうようです。

慎ましさが好まれる日本ではそれはもう目立ちます。現にかなり目立ってますね。

 

 

本田圭祐は幼稚園生の頃、周りの子の遊び場を自ら決めていたようです。

「お前は砂場、お前はジャングルジムな」 のように。

半端ないって。そんなんできひんやん普通。

 

 

小学校の卒業文集には、「セリエAのチームの10番に入る」と書いていて、

見事に、ACミランに入り10番を付けてプレーしていましたね。

やっぱ半端ない。

 

 

また、サッカー以外に、ビジネス界でかなり活動しているようですね。

サッカーは次につなげるための布石、のような発言も目立ちます。

一体どこへ向かっているのでしょうか。

わかりませんが、間違いなく「可能な限り高みを目指している」ことでしょう。

 

 

 

 

 

他には、ソフトバンクの孫正義や、今でしょ!の林修などもENTJかと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ、ちょっと有名人を例に出して書いてみましたが、

まぁ確証は得られないですし、人によってタイプ判定は大きく変わってくると思います。

テレビやメディアに映っている有名人だけを見て、その人のMBTIタイプを正確に判断するのは難しい、というか不可能に近いです。

 

あとまぁ、タイプ間の比較等もうちょっと抽象的な話題の方が、

面白いのではないかと思ったので、次回からはそうします。

例えば、ENTPとENTJの似ているところ、とか。

ENFPとESFPの違うところ、とか、書いていきたいとも思います。

 

 

まぁ今回は、ロシアW杯前後でのケイスケホンダのENTJっぷりが半端なかったので、ちょっと取り上げてみました。

まぁいつもそうですか。ケイスケホンダは。ケイスケホンダですもん。

リスペクトしてますよ。まじ。

 

 

 

ではまた。