一片の曇りもない世界。

心理、人文科学、テクノロジー、科学など、様々な分野について書いていきます。

モノづくり的発想がないことに気づいた

www.youtube.com

 

youtubeのTOPページでひたすら更新ボタンを押してると

 

 

たまにこういう、好奇心をそそられる動画が出てくるからやめられんなぁ。

 

 

youtube中毒ですわ。

 

 

 

 

 

そしてこの動画、すごい。この精密さ、精緻さはおかしい。

 

 

設計者の頭の中はいったいどうなっているんだ。

 

 

細かい部品一つ一つを組み合わせて、巨大な装置を作りあげるという発想。まさにモノづくり的。

 

 

自分にはないなぁ。自分にはないんだな、これが、と思った。

 

 

そう、思ってしまったんだ。

 

 

思ってしまった。

 

 

モノづくり的な発想がない、と言っているようなものだ、これは。

 

 

私はモノづくり的な発想がないのか。得手ではないのか。

 

 

そうか、そういうことだったのか。

 

 

全てわかってしまった。すべて納得してしまった。これまでの私の人生が、わかってしまった。

 

 

これは大いなる気づきだ。喜ばしいことだ。しかし同時に、とても哀しい。

 

 

なぜ哀しいのか。それは、私は今までモノづくりに携わることを目指してきたからだ。

 

 

そうか。今まで、得手ではないものを目指そうとしてきたのか。そりゃあうまくいかないわな

 

 

 

 

思えば、プログラミングに相当苦労したのも、アレは部品を組み合わせて一つのシステムを作るという発想が必要だからだ。一つの部品の狂いも逃さずにやらなければならない。まぁ上の動画の時計程、正確さは要求されない(はず)だけど。

 

 

特にJava。あんなに融通の利かない言語はもうやりませんわ。

 

 

おのれJava。もうマジJavaさんもういいです。

 

 

Javaの教本触っただけでおなかの調子おかしくなりますわ。ほんと。

 

 

 

 

 

まぁそれはどうでもいい。

 

 

とにかく、モノづくり的発想が自分にはないことがわかってしまった。

 

 

いや、しかし、ないはずはない。ないはずはないけれど、得手ではないということだ。

 

 

まぁ昔から、プラモデルとかあまり興味なかったし、ミニ四駆とかの組み立てるおもちゃは「完成品でいいじゃないの なんでわざわざ一から組み立てなきゃいかんの」

 

 

とか思ってたしな。カスタマイズするのは楽しかったけど、一から作るのはあまり楽しめてなかった。

 

 

あぁなんてことだ。これじゃあモノづくりの発想がないわけだ。いや、モノづくり的精神というべきか。

 

 

なぜ今まで気づかなかったのか。自分にないものに憧れる、という単純な心理だったのか。それにしては気づくのが遅い。

 

 

 

 

 

まぁいい、まぁいい。まあああいい。いいのか?

 

 

よくないんだな、これが!!!

 

 

まぁ、他の何か、探すことにします。

 

 

自分には何かがあると信じること。それが一番、大切なことだよ!!!!!!

 

 

 

 

 

では、また。