一片の曇りもない世界。

心理、人文科学、テクノロジー、科学など、様々な分野について書いていきます。

数年前の話

書きたいことは沢山ある。

 

はずなんだけれども書こうとすると書けない。これ切実な問題。

 

まず、どういう文体にするかが決まらん。

 

どうすりゃいいのか全く見当がつかない。

 

 

 

というかこう、お堅い文章を書きたい、というかそう書いたほうがかっこいいよな、

 

と思うんだけども、なかなか難しい。

 

というか途中で崩したくなる。草とか生やしたくなるお (^ω^ )

 

非論理性の塊みたいな私が、論理的な文章に憧れて書こうとしてもそれはむずかしい。

 

それは分かってるけどやっぱり、論理的でお堅い雰囲気の文章って憧れる。

 

なんかこう

 

私、変わった!私、お堅い文章書ける!私、スマート!私、かっこいい!

 

みたいな感じになる。なるんだよ。私、できる!できる私!みたいな。

 

妙に自尊心を満たしてくれる。

 

昔から文章書くのは得意ではなかったから、書けるようになったのは嬉しい事。

 

 

 

 

 

数年前から読書をし始めたのが主な要因。

 

それまで本なんて三国志くらいしか真面目に読まなかった人間が、図書館に通うようになった結果、

 

急に1日に1冊ペースで本を読みだした。

 

あれはもう、何かに取りつかれたとしか言いようがない程、気が狂ったように読んだ。

 

それからは妙に知識やら文章のコツやらを得たようで、誤字脱字によく気が付くようになったし、文章の論理的な崩れも指摘できるようになった。

 

それはとても喜ばしい事だけど、肝心のアウトプットを全くやっていなかったので、

 

自分で文章を書くというのはあまりうまくはなっていない。これでも昔よりはかなりマシになったほうだけど(というか気を付けるようになった)。

 

 

 

 

何よりもどかしい。お堅い文章書きたいのにうまく書けない。

 

書いて少しでも論理の積み上げに間違いがあったら書き直す。つらい (^ω^ )

 

私の性格とは真反対である。私は論理一貫性のない性格である。

 

あれ、なんか前も同じこと書いたような・・・まあいいや。

 

無理もう。なんか込み上げてくる。もう適当に書こうかな。ここでいう適当ってのは自由に書くということ。論理的視点から見れば適当ですね。

 

あんなにたくさん本読むようになったのになあ。まぁ、それもいい経験だという事で。

 

 

 

おう、適当で何がわるい。自由でいいんだ。これはブログだ。

 

憧れた論理的超絶お堅い文章&数学やら物理やら論理力が必要不可欠な事を追うのはもうやめる。

 

自由に書いてく。何をだ。なんでもいい。

 

とにかく、言いたいことはこれなんだ、という事を書いてく。まあ特に言いたいこともないし、主張したいこともないし、適当に自由に書いてく。

 

 

 

というわけで、これまで以上にカオスなブログになりそう。

 

まぁいいか。ブログだし。

 

 

 

 

ではまた。